貴方の腕の中で

貴方の腕の中で17

 ←貴方の腕の中で16 →貴方の腕の中で18(R18)
初めて二人で飲みにいって友哉サンちで過ごしてから3ヶ月。


ボクと友哉サンの友ダチ関係は続いていた。


友哉サンの休みとボクの休みが一緒になることは稀だけど、お互いの仕事終わりに飲みに行ったり(ただし、外で飲む時は友哉サンとだけと決められ、アルコール度の低い飲み物しか飲ませてもらえなかった)お互いの部屋で飲んだり(部屋飲みはたくさん飲んでもいいとお許しが出ている)していた。


部屋で飲むときはお互いに泊まりになってその時はなぜか一緒のベッドで友哉サンの腕の中で眠る。


別に寝ようとしたら友哉サンに「安眠枕だから、蓮は。それともオレに安眠させてくれないのか?」って言われて、惚れた弱みで友哉サンの言いなりに・・・。


友哉サンの腕の中はやっぱり安心出来て、居心地が良くて。


引き裂かれる心はあるのだけれど、傍にいたい思いの方が勝ってて・・・。


どんどん友哉サンに惹かれて、終わりがくるのはわかってるのに、もう少し、もう少しって欲張りになってた。






今日は友哉サンちで飲もうってことになってて駅で待ち合わせをしていた。


友哉サンからメールが入る。


TO.蓮

ごめん、30分ほど遅れる。

急いでいくから、どっかで時間つぶしてて。


Fr友哉



TO.友哉サン

了解。あわてなくてもいいよ。

本屋で時間つぶしてるから(*^_^*)。

Fr蓮





なんだか恋人同士みたいだななんて思いながら、本屋へ向かう。


介護の専門書を見ているとカップルが通り過ぎる。


「今日は 何が食べたい?」「何がいいかな?」幸せそうな会話。


今日は何かおつまみ作ろうかな?


さっきの会話に触発されたわけではないけど、料理本のコーナーで何がいいかと考える。


そんな時間も嬉しくて、まるで恋人に作るみたいで気持ちが浮かれていた。









ランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします*゜✲ฺ(✿◕ฺ ∀◕ฺ)ฺノ†゜*


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [貴方の腕の中で16]へ
  • [貴方の腕の中で18(R18)]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [貴方の腕の中で16]へ
  • [貴方の腕の中で18(R18)]へ