貴方の腕の中で

貴方の腕の中で24(R18)

 ←貴方の腕の中で23(R18) →貴方の腕の中で25
※R18指定です。苦手な方はスルーして下さい。自己責任での訪問をお願いします


















ボクのものを友哉サンが口に含む。


その行為はとても恥ずかしくて、それが友哉サンだから嬉しくて自分がどうにかなりそうだった。


「やっ・・・。ゆう・・・。ああっ・・・。」


「何がヤなんだ蓮。すごい感じてる・・・。キレイだ。」


「んっ。いわ・・・ない・・・。ううんっ・・・。」


友哉サンは巧みにボクを翻弄させる。


とても丁寧にボクを覚醒させるように、味わうように口の中で犯していく。


ボクのすべてを含んでスライドしていたかと思えば、カリ首を舌先でツツッとなぞる。


ボクの身体はビクンッと震える。


「蓮の蜜は甘いな。どんどんあふれてくる・・・。」


「あっ・・・。ゆう・・・やさ・・・。そんなに・・・した・・・ああっ・・・。」


裏筋をチロチロと舐められ、大きく上下に繰り返し舐めあげられると快感を耐え切れずに射精感でいっぱいになる。


快楽の波が押し寄せてくると友哉サンは口を離した。


「やっ・・・。もう・・・。イキた・・・。」


波が引くと物足りなくて切なくて、友哉サンを見ると今度は二つの袋を同時に含む。


「やんっ・・・。あっ・・・あ・・・。」


一つずつ下から丁寧に舐められ、弄ばれ、初めての快感に翻弄され、ボクの身体はのけぞる。


じゅぼじゅぼと卑猥な水音にいっそう追い上げられていく。


「ゆうや・・・さ・・・。もう・・・ダメ・・・。いっちゃ・・・う。」


ボクはこれ以上は無理なくらい張りつめ、快感なのかつらいのかわからなくなって友哉サンを見る。


「だから、蓮オレを煽るなって。そんな目で見られると無茶しちまいそうだ。」


そう言うと手と口でボクを追い上げる。


「ああっ・・・。ゆう・・・や・・・んっ・・・。」


亀頭の先を舌で割って舐められ、ジュボッと先を強く吸い上げられる。


「ゆう・・・や・・・。でちゃ・・・。はな・・・して・・・。やあっっ・・・。」


いっそう強く手でスライドされ、猥らな水音と手と口でされる行為に我慢できずに友哉サンの口の中で果ててしまう。


ゴクンッ・・・。


「・・・。ええっ・・・。ゆうや・・・。ダメ・・・。そんな・・・の。」


「もう飲んじまった。ごちそうさん。」


ビックリして目を見開いたボクに、友哉サンは口の中を見せおどけて言う。


「蓮のだから、出すのはもったいないだろ。」


「ばか・・・。」


羞恥心で真っ赤になる。


「このままじゃ、蓮のぼせちゃうな。出ような。続きはベッドで・・・。」


ロクに自慰行為もしたことのないボクは2度の射精で身体が思うように動かない。


でも、友哉サンがまだ、一度も逝ってないことを思うと、一緒に気持ちよくなりたくて「うん。」と頷く。


友哉サンの首に手を回して立とうとするけど立てないボクを横抱きにすると、シャワーで身体を流し、大雑把にバスタオルで水滴を取ると、ベッドへ運ぶ。


ベッドでお互いに目を合わせ、何を言うこともなく顔が近づけ唇を重ね合わせる。


甘い、甘い口付けに酔う。


「蓮、愛してる・・・。」


「ボクも友哉サンが好き。」


「さっきは『ゆうや』て言ったのに・・・。蓮は気持ちよくなると呼び捨てになるんだな。あと酔っ払った時。」


「そんなの、わかんない。覚えてないもん・・・。」


「そか。じゃ、たくさん『ゆうや』って言ってもらえるように蓮を気持ち良くしてやる。」


「あっ・・・。」


そして深い口付け・・・。


耳から首筋、脇へとついばむようなキスを落とし、みぞおちを舐め上げられると早く突起に触れて欲しくて胸を突き出す。こんな自分に驚く。


「蓮はやっぱエロイな。ここを触って欲しいのか?」


「やっ・・・。」


ボクからは蜜がほとばしり、2度も逝ったというのに又、首をもたげている。


望みどおりに突起を含まれ、首がのけぞる。


「んんんっ・・・。ハァ・・・。」


潤んだ目で友哉サンを見る。愛しくて愛しくて・・・。


「蓮、ごめっ。もう我慢の限界。オマエのその顔は反則だっ。今日は繋がれないけど、気持ちは繋がってるからな。」


友哉サンはボクを膝に抱え、向き合うとボクと友哉サンを一緒に大きな手で包み、上下にスライドさせ、あえぐボクの口を口付けで塞ぐ。


寝室はお互いから出る蜜のグチュグチュと言う音と、荒い息だけが聞こえる。


重なり合ったボクたちははちきれんばかりに張りつめ、熱い熱を帯びている。


「あっ・・・。っゆう・・・や・・・んんっ・・・ダメっ・・・もう・・・イ・・・クッ・・・。」


友哉サンと一緒に逝きたくて耐えてたけど、二人のものが一緒になって友哉サンも感じてると思うとはじけてしまいたくなる。


「蓮。イッていいよ。」


「・・・。ヤっ。ゆ・・・うやも・・・いっ・・・しょに・・・。」


「蓮・・・。わかった。一緒にいこう。」


そう言うと友哉サンはぎゅっと強くスライドさせる。


「ゆう・・・や・・・愛してる・・・。好きっ・・・。ああああああっ・・・。」


「蓮。オレも愛してる。んっ・・・。くっ・・・。」


友哉サンが切なそうに果てたのを目の端にし、『愛してる』の言葉を聞いてボクはガクガクと身体を揺らし意識を手放した・・・。










ランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします*゜✲ฺ(✿◕ฺ ∀◕ฺ)ฺノ†゜*



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [貴方の腕の中で23(R18)]へ
  • [貴方の腕の中で25]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [貴方の腕の中で23(R18)]へ
  • [貴方の腕の中で25]へ