キミと空とネコと

キミと空とネコと7

 ←キミと空とネコと6 →キミと空とネコと8
クリーム色の優しく広い診察室に入ると、机に向かってDrがカルテを書いていた。

看護士がDrに「お願いします。」と声をかけるとDrが振り返る。

「あっ。」とお互いに声が出て一瞬時間が止まる。

Drはこの間、武蔵のご飯などを買いに行ったときオレの顔を見ていた人だった。

近くでみると、涼やかな眉、目は一重で少し釣り目なのにそれがシャープで細すぎず、眼鏡がきつい印象を抑えている。、整った鼻筋とバランスの取れた薄い口がバランスよく配置されていて、冷たそうに見えるかといえば、明るく染められたふわっとした髪が柔らかい印象に見え、誰もが振り返るであろうと思われる。
おまけに、座っていても、背は185㎝を超えていているだろうと思われ、身体は厭味の無い筋肉のつき方をしており、女性なら誰もが抱きしめられたいと思うであろう体躯をしていた。

「この病院が流行るわけだ。」と思った。そりゃ、雰囲気とかDrの腕もあるんだろうけど、やっぱり付加価値のあるほうへ行くのが人間のサガだろ?


「先生のお知り合いの方ですか?」と看護士が聞くが、Drは「違うよ。初めまして。今日は武蔵くんの去勢手術だね。」って言った。

なんだろ、この間の人だと思ったけど違うのかな?でも、間違いないと思うんだけど・・・。

知らないと言われ、ちょっとひっかかりを覚える。

ま、どうでもいいけど・・・。

そうそうお世話になるわけじゃないし・・・。



「はい。よろしくお願いします。」

「へぇ、高野さんはとても字が綺麗なんですね。」

受付で書いた問診票を見ながらDrが言う。

「今日は2回目だな。」と心の中で苦笑する。

昔から字だけは綺麗だと褒められた。

それしか褒めるものがなかったからだろう。

オレは親に認めて欲しいがために、書道を習い五段まで取ったが全く意味のないものだった。

親は何の関心も示さなかった。

弟の水泳や、妹のピアノにばかり関心があった。

習わせてもらえただけありがたいと思えとでも言うように・・・。

だから褒められても別に嬉しいとも思わなかった。

「そうですか?ありがとうございます。」

そのことを思い出してしまい、たいして表情も変えず、抑揚のない声で答えてしまう。

しまった!!武蔵の事をお願いするんだから、印象良くしとかないといけない!!

ここは「フリ」をしないといけないんだ。

人と関わるんだから・・・。と心を切り替える。

「オレ、昔から字だけは褒められるんです。」と笑顔を作る。

Drは一変して表情が変わった事に一瞬怪訝な顔をする。ヤバイか・・・と思った時、

「やぁ、ボクなんか字が汚くて、みんなに『先生、みんなに読めるように書いてください』って言われるからうらやましい。」と頭を掻く。

すると、周りの看護士さんたちがどっと笑って、その場の雰囲気が柔らかくなる。

オレもその雰囲気が居心地がいいと思ってしまう。

好きだけど、ここの雰囲気に浸ったらダメだと心に警鐘の鐘が響き渡る。

オレの周りにはないものだと殺している寂しいと言う感情があふれそうになるから・・・。

「先生、武蔵をお願いします。」

胸が痛くなってきたオレはあわてて、でも表情は笑顔のまま言う。

「ああ。そうですね。すいません。手術は午前中にしますので、午後診に迎えに来てください。女のコなら1日入院してもらうんですが、男の子はお腹を切らないので日帰りです。」

「わかりました。」

「他にも、病気などないか検査しときますか?武蔵くん、誕生日がわからないってことはノラちゃんですか?」

「はい。お願いします。」

「大きさからいって4ヶ月くらいだと思いますよ。」

Drは優しく武蔵を抱き、頭をなでると武蔵は人見知りもせず、ゴロゴロと甘えている。

武蔵は嫌がるんじゃないか、大丈夫かと心配してたのに・・・。

「さすが、先生。どの子も先生に抱かれると大人しくなるのよね。」と看護士さんが頬を赤らめて言う。

武蔵をなでるDrは優しく慈愛に満ちた目で武蔵を見ている。

オレはDrから目が離せなくなっていた。

ここにいてはダメだ・・・。

再び警鐘の鐘がなる。

オレは武蔵の頭をなでると

「夕方迎えに行くから頑張れよ。」と声をかけ、Drや看護士に「お願いします。」と頭を下げると逃げるように病院を後にした。

「武蔵ごめんな。」と呟きながら・・・。

この出会いからオレの人生が大きく変わるなんて思いもしないで・・・。










やっと他の登場人物です。ゆっくり進みますが、お付き合い下さいませ゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。



ランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします*゜✲ฺ(✿◕ฺ ∀◕ฺ)ฺノ†゜*



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [キミと空とネコと6]へ
  • [キミと空とネコと8]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [キミと空とネコと6]へ
  • [キミと空とネコと8]へ