土曜の雨のジンクス

土曜の雨のジンクス31(R18)

 ←土曜の雨のジンクス30(R18) →土曜の雨のジンクス32(R18)


※R描写続いています。閲覧ご注意下さい。














「抱いて…。」

重なり合う唇が幾度となく角度を変えて深く口づける。

さっきまでの荒々しさは影を潜め、お互いの唇を味わうように重なり舌を絡め、お互いの唾液を交換し合う。本当の恋人同士のようなキスだと少し嬉しく思いながら、オレは鷹之のくれるキスを堪能した。

「は…。んっ…。」

甘い吐息まで鷹之の口の中に溶けていく。

頭の上で拘束されている手がパタパタと動いてしまうのはキスが気持ちいいから。

口の端から零れた唾液を鷹之が舌で舐めとり唇が離れる。

それからしばらく動きがなかったので閉じていた目を開けると鷹之がじっとオレを見ていた。

「唇がぽってりと赤くなってる。」

「菅沼さんのキスが気持ちいいから…。」

「もっと身体中を食い尽くしたい。」

「して…。もっと…。」

「エロ。あんた本当はSEXの時そんななの?」

「そんなの…わかんない…。いいから…もっと…。」

おしゃべりしたいわけじゃない。鷹之をもっと感じたい。

頭の上に拘束されていた両手を鷹之の首の後ろにまわして顔を引き寄せ自分から舌を絡めた。

はふっと息を継ぐと鷹之の唇は耳を甘噛みする。

「んっ…。」

感じるところを覚えているかのように甘噛みしてキスをしてくる。

耳の中に舌先を入れられ舐められると身体がしなる。

「ああっ。ダメ…それ…ヤダ…。」

「ヤダじゃないだろ。」

そのまま右耳の後ろを舌で往復される。右耳の後ろはいつも鷹之がしつこく舐めてきたところだ。『オレ明日叶のここ好きなんだ』何度も耳元で囁いていた。なんでそこが好きなのかそう言えば聞こう聞こうと思っていたのに鷹之に抱かれているうちに忘れていたんだった。今までいろんな男と寝たけど、そこを愛撫したのは鷹之くらいだ。

「おまえ…。」

「あ、…んっ…なに…?」

「いや何でもない。ここ好きか?」

「…好き…。」

「そうか。じゃ可愛がってやんないとな。」

執拗に右耳の後ろをなぶられてペニスからは透明な蜜が溢れてお互いの腹をしどしどに濡らしている。

「も、ヤダっ…。他のところも…して…。」

「凶悪だな。わざとか?」

鷹之の方が凶悪だ。もう我慢出来ないくらいに身体が疼いて腰を揺らしてるのをわかってるくせに他のところをかわいがってくれないんだから。

感じ過ぎて目に涙をいっぱいにして鷹之を睨むとクスッと笑った。

「その顔も凶悪。煽るの上手いな。」

そのまま唇を重ねられ、指が尖っていた小さな粒を押し潰す。

「あ、…んっ…。」

それまでの愛撫で尖っていた粒は簡単に快感を伝えてくる。

口づけられながら両方の粒を愛されると快感に耐えられなくてたまっていた涙が零れ鷹之の腹にペニスを擦り付けて達ってしまう。

「やあっ…。」

口づけられて胸を触られただけで達ってしまうなんて…。

はあはあと息を荒げて呆けたように身体を弛緩させて、ぼーっと鷹之の顔を見るでも無しに見ている。簡単に達ってしまった事に自分でも驚いていた。

「達っちゃった?気持ちよかったんだ。でもオレはまだ達ってないから。」

放ったぬめりを指に取り、後ろの蕾をぬめりい力を借りながら解していく鷹之の指に弛緩していた身体が強張る。

「ま…って…オレあ、…イッたばか…り…。」

「そんだけエロい顔で煽っておいて我慢出来るはずないだろ。」

さっき乱暴な熱棒を受け入れた後孔は痛みよりも快感を呼び起こす。

「さっき無理やり挿れたからな。痛むか?」

「んっあ、すこ…し…いた…あんっ…」

その時鷹之の指が前立腺を刺激した。

「ヤダ…そ…こ…あ、あっ…。」

「うねって来た。オレの指を奥に誘ってるのわかるか?」

フルフルと首を振る。それどころじゃない。痛みは快感に変わり早く満たしてくれと訴えている。

「来て…はや…く…いっぱい…にし…て…。」

「ほんと凶悪。」

それでもすぐには入って来てくれない。もっと解してからだと執拗に指で刺激され気持ちよすぎて泣いて挿れてくれと頼む。

やっと鷹之の屹立が後孔にあてがわれるとぎゅっと鷹之の身体を拘束された手で抱きしめた。

「そんなに引っ付かれたら挿れられないだろう。」

チュッと目尻にキスを落とし少し身体を離して拘束していたタオルを外してくれた。

「挿れるぞ。」

オレが頷くと先端が中に侵入してくる。

さっきは一気に来たけど今度はゆっくりとオレの顔を窺いながら入って来る。優しくオレの快感を引き出しながら。

でももう早く鷹之で一杯にして欲しくてたまらない。

「いいから…もっと…来て…。」

それでもなかなか全部をくれない鷹之に業を煮やして両足を鷹之の腰に巻き付けて自分から腰を進めた。

「っ…。」

「バカ…。」

急にいっぱいになって引き攣れた痛みが走る。それでもオレは嬉しかった。鷹之がオレの中にいることが…。

乱暴じゃなく優しく侵入してくる鷹之を乱暴に受け入れたのはオレ。

バカと言ったくせにオレの髪の毛を優しく梳いてしばらく動かなかった。痛みで流れた涙じゃない。鷹之を受け入れた事が嬉しくて流した涙なのに、鷹之は痛みで流れた涙だと思っているのか優しく指で涙をすくいキスをしてくれる。

オレの中の鷹之は大きくなって脈動を感じるほどだ。きっと動きたくて仕方ないほどだろうにオレを気遣って動かないでいてくれるのがわかる。そう鷹之は昔もこんな風に抱くときは優しかったんだ。



ランキングに参加しています。ポチッと押してくだされば嬉しいです。いつもありがとうございます・:*(〃・ェ・〃人)*:・

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト





もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [土曜の雨のジンクス30(R18)]へ
  • [土曜の雨のジンクス32(R18)]へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [土曜の雨のジンクス30(R18)]へ
  • [土曜の雨のジンクス32(R18)]へ