スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←土曜の雨のジンクス50(R15) →土曜の雨のジンクス52
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [土曜の雨のジンクス50(R15)]へ
  • [土曜の雨のジンクス52]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

土曜の雨のジンクス

土曜の雨のジンクス51(R18)

 ←土曜の雨のジンクス50(R15) →土曜の雨のジンクス52


※注意‼R描写続いていますので閲覧ご注意下さい。















鷹之と繋がりたくてほころんでいる後孔に鷹之の熱い屹立したものが触れただけなのに身体が震えるのは何故だろう。期待感それもある。だけどそれ以上に鷹之と一つになれる事が幸せだと思う。嬉しいと身体が震えるんだ。

「あ…。」

思わず零れた吐息のような呟きは自分でも思っても見ないような艶を含んでいて少し恥ずかしくなる。期待してると言っているように思われただろう。

ズッと切っ先が入口に入って来て少し身体がずり上がるのを鷹之が戻す。いくら鷹之と一つになりたいとは思っても最初は少し引いてしまうのは許して欲しい。簡単に受け入れてるわけじゃないんだ。そこは女の人じゃないから…。

一気に最奥まで挿れてくると思ったのになかなか奥には来てくれない。初めての時は強引に奥まで進めたのに最近はすごくゆっくりと進んでくる鷹之。

まるで最初が大変なのはわかってるとでも言ってくれているようで少し切ない気持ちになる。そんなに優しくしなくてもいいのに。優しくされる場所にいない事はわかってるから。だから優しくされると切なくなる。

「あ、…んっ…。」

入口で何度も広げるように浅く抜き差しをされてほころんでいるそこはもっと奥まで入れと言ってるのに鷹之は入って来なくて焦れてくる。

「おくっ…も…っと…あっ…。」

グチュっと卑猥な音がして淫らに鷹之を締め付けている自分に気が付き息を吐く。

「腰が揺れてる。もう我慢出来ないのか?」

「だから…はや…くっ…て言ってる。」

非難めいて言うと後ろでクスリと笑われて恥かしくて顔を枕に伏せた。獣のような体勢は顔を見られないからいい。

「仕方のない奴だ。」

そういうとズズッと鷹之の固い熱塊がオレの中に入って来た。

「あああっ…あつ…い…あっっ…んっ…。」

ググッと奥まで入って来た鷹之の形に自分の中が変わっていくのが嬉しいなんておかしいかな。そのまま動きを止めた鷹之はオレの中が鷹之の物で馴染むのを待っていてくれる。オレはその形も受け入れた時の痛みも苦しさもそれ以上の嬉しさと幸せをかみ締めて忘れないようにと思う。

なのに今日の鷹之はいつもよりも早くに動き出してオレの思惑は中途半端になってしまうけど、それよりも鷹之の動きに翻弄されないように感じ過ぎないようにと自分に言い聞かせる。いつもなら快感だけに溺れてしまえばいいけれど、今日は最後だから鷹之の全部を覚えておきたい。だから感じ過ぎたらダメだ。

そう思っても何度も何度も擦られて、知られてしまった感じるところを責められたら快感が上回りそうになる。鷹之の律動に溺れそうになる。

「ダ…メ…あっ…も…とゆっ…くり…あぁっ。」

「いつもなら早くって言うくせに。なら尚更ゆっくり出来ないな。」

そんな意地悪な事を言って深く奥を穿つ。

「やあっ…奥…ダメ…。」

「今日はえらく可愛い事を言うじゃないか。奥好きだろう?」

「好きだけど…んぁっ…だ…め…あんっ…。」

「好きなら感じてればいい。」

そう言うと枕を抱えていたオレの両腕を掴んで状態を仰け反らせる。

「ああっ。ヤッ…深っ…ぁあっ…。」

のけ反らされることでますます鷹之が奥に侵入して来ていつも以上に感じてしまう。ダメなのに気持ちよすぎて鷹之を追えない。自分が感じる事だけに溺れてしまう。

「あっ、あ…ふぅ…あ……んんっ…。」

シーツに自分の物を擦りつけたいのに両腕を掴まれてのけ反らされているから擦りつけられない。

「ダメだ。後ろだけで達くんだ。達けるだろう。」

「いやあっ…。」

前立腺を擦りあげながら最奥を穿たれてオレは触られる事もなくにシーツに白濁を放った。身体の力が抜ける。

「おっと。オレはまだ達ってないぞ。」

「ちょ…っと…まっ…て…むり…ああっ…。」

達ったばかりで尚更敏感になっているのに鷹之は構わずにズンズンと激しい抽挿を繰り返す。優しいんだか優しくないんだかわからない。それでも鷹之がオレで達こうと動いて時折熱い吐息が聞こえると熱が再びよみがえりだす。力を無くしたはずのペニスが力を取り戻そうとしている。

「ウソ…さっき…ああっ。」

掴まれていた両腕が離されてシーツに落ちる。

鷹之の片手がグッと腰を引き寄せ。もう片方は芯を持ち出したオレのペニスへと伸びて上下に扱き出す。

「あ、っ…ああっ……イイっ…。」

力強いグラインドと絶妙な手の動きにオレはあっという間に高められ、鷹之をキュウキュウと締め付ける。まるで鷹之の全部を絞り出すように中が蠢き動く。

「っく……。すごいな…。」

「もう…も…イクっ…。」

「オレもだっ…。」

「いっ…しょに…ああっ…。」

オレの願いを聞いてくれたのかオレが達するのとほぼ同時に中に熱い迸りを感じた。鷹之が中でドクドクと熱い飛沫を放つのを枕に顔をうずめて感じていた。

「鷹之が好き。」

そう小さく呟いた声は達していた鷹之には聞こえてない。枕の中だけにうずもれた告白だった。

背中に重みを感じて身体がシーツに沈む。

はぁはぁと荒い鷹之の呼吸と汗ばんだ身体と鷹之の体臭、それに放たれたものが腿を伝う感触に幸せを感じた。

良かった。鷹之がオレでちゃんと達ってくれた。

いつも不安に思うんだ。鷹之はオレでちゃんと達く事が出来るのかと。だから達くと毎回安心する。男のオレでも感じてくれたんだと。

「え?…も…ウソ…。」

いつもなら少し間を置くのにオレの中に入ったままの鷹之が固くなったのを感じて後ろを見やると、ニヤッと鷹之が笑う。

「今日は加減しない。オレが誰かの代わりならお前にも代わりをしてもらわなきゃな。」

「やっ…まって…ふぅあっ…。」

「待てないな。」

そう言うと鷹之はオレを腰の上にまたがらせる。また深く鷹之を感じてしまい声が漏れる。

「あぁっ…んっ…なん…で…これ?」

いつもなら鷹之が寝てオレを上にまたがらせるのに、今日はいわゆる対面座位という奴だ。今まで何度も身体を繋げたが、これはしてなかった。

「これならいつでも右耳を食べれるだろう?」

そう言って右耳の後ろを吸い上げる。

「ああっ…やっ…あっ…。」

「いいんだろう。すごく締め付けてる。もっとしてやる。」

右耳の後ろを何度も舌で舐められ、吸い上げられて訳が分からないくらいに感じた。それでなくてももう何度も達ってるから、身体は限界に近い。

「もう…ゆる…して…も…。」

感じ過ぎて涙が零れても対面だから顔を隠す事が出来ない。腕で隠せばいいんだけど力の入らない身体を支えるのに鷹之に縋っているので精一杯なんだ。

涙を唇で拭われて伏せていた目を開けると、思いがけず優しい目の鷹之の顔が見えた。

こんな優しい顔は高校の時以来じゃないかと思うほど優しい顔でまた涙が溢れる。

「案外泣き虫だな。」

「うるさい。もう…はやく…達けっ。」

下から突き上げられて、もう終わりが見えていた。きっと次に達ってしまったら意識が飛ぶ。だからもっと頑張りたかった。鷹之を覚えておかないといけないから。鷹之の感じてる顔を覚えておきたいから。

だけど無理だった。早くイケと言ったからか鷹之が終わりが近かったのかはわからないけど、感じるようにしか動かない鷹之の抽挿にオレの身体は素直に反応してギュッと鷹之を締め付けてオレは白濁を放つ。

「ああっ…。」

その後ですぐに鷹之も中に放ったのはわかったけど、意識がなくなっていくのがわかる。鷹之を覚えていたいのに…。

そう思いながら身体が鷹之にのしかかる。もう自分を支えている力もなくなりコテンと身体を任せた。

あーあ。これで終わりなのに…。そう思った時にはもう何もわからなくなっていた。

「明日叶…。」




ランキングに参加しています。ポチッと押してくだされば嬉しいです。拍手とポチをいつもありがとうございます・:*(〃・ェ・〃人)*:・ 感謝です(ஐ╹◡╹)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [土曜の雨のジンクス50(R15)]へ
  • [土曜の雨のジンクス52]へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [土曜の雨のジンクス50(R15)]へ
  • [土曜の雨のジンクス52]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。