スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←土曜の雨のジンクス82(R15) →土曜の雨のジンクス84(R18)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [土曜の雨のジンクス82(R15)]へ
  • [土曜の雨のジンクス84(R18)]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

土曜の雨のジンクス

土曜の雨のジンクス83(R18)

 ←土曜の雨のジンクス82(R15) →土曜の雨のジンクス84(R18)

※注意‼R描写続いていますので、未成年、苦手な方は閲覧しないで下さいませ。









身体の熱を放出して力のはいらなくなった身体をくたりと横たえる。

薄い胸が上下して荒くなった呼吸のまま霞む視界に愛しい人の顔を探すと、その人はオレの放ったものを嚥下するところだった。喉仏が動き、その動きにさえドクドクと身体の奥が疼く。

「飲まなくていいのに…。」

「そんな勿体ない事出来るか。明日叶のものだと思うと何でも愛しいんだ。」

そう言って優しくオレの身体を抱きしめる。

鷹之の屹立したものが身体に振れ、鷹之が欲望を我慢してオレを気持ちよくさせようとしてくれる事が嬉しかった。

「オレも鷹之のしたい。させて…。」

呼吸が戻ると鷹之に膝立ちさせその屹立したものを手にとる。

固く大きく育ったものにちゅっとキスをすると口に含む。

大きすぎて口に収まりきらないそれを出来る限り口に含んで緩く上下に動かすと、苦い蜜が溢れてきた。

口に含めない部分は手で愛撫し、少し強く扱くとますます蜜が零れる。屹立もますます怒張し血管が浮いてきた。

上下させながら舌でその血管を舐める。くびれをクルリと舐める。鷹之がオレにしてくれたように真似て見る。

オレにした事は鷹之もして欲しい事なんじゃないかと思う。だってすごく気持ちよかったから。それを思い出してオレ自身もまた熱がこもり始めた。

時折、頭上から振って来る鷹之の呼気がますますオレを煽る。

裏筋を舐め、鈴口に舌を割入れ、手で扱く。

下の袋もやわやわと揉みしだく事を忘れない。その部分も口に含む。

口の中でころころところがし、一つずつ丁寧に舐める。鷹之は袋の外側を舐められるのが好きだったことをふと思い出し、舌で押さえつけるように強く押しながら舐めると、頭をそこから外された。

「あ…。」

「もういい。そんなにしたら出てしまうだろ。」

「出せばいいのに。オレも鷹之の飲みたい。」

「オレは明日叶の中に出したい。」

熱い欲情のこもった目で見られ身体の中心が立ち上がる。オレだって鷹之と繋がりたい。お互いの気持ちは一緒だ。

目と目で会話をし、キスをしながら身体を横たえた。

鷹之はサイドボードから潤滑ゼリーを取り出し、ポンと蓋を開け手に取り両手を擦り合わせて温めると後孔に触れる。

まだ閉ざされたそこをこれから解されて鷹之を受け入れるのだと思うと身体がズクリと疼いた。

指で回るをくるくると撫でられただけでビクンと身体が震える。それでも何度も欲望を咥えているそこは快感を得れる事を知っているからかヒクヒクと蠢く。

はしたない後孔を鷹之がじっと見てると思うと前から蜜が滴り、シーツを汚した。

「見られてるだけで濡れてる。明日叶いやらしいな。」

「も、…はやく…。」

腰までもぞもぞと動いてしまう。じれったい…。

くりくりと周りを撫でていた指がツプリと中に入る。

「あ…。」

身体の中に異物が入り、それを押し出そうとする内壁と進もうとする指がリアルに感じられて甘い声を漏らしてしまう。浅く入れたり出したりを繰り返し、徐々に奥に侵入されて行く。その動きがじれったいのだ。

「鷹之、それ…わざとだろ。」

「何が?」

「意地悪。もっと欲しいって言ってるのに。」

「明日叶は欲張りだな。」

そう言って笑いながら鷹之は指を増やした。

2本の指が入口付近でぐるりと回され広げられ、鍵状にして抽挿を繰り返される。探るように動くのは前立腺のポイントを探しているからだろうか?

ほどなくそのポイントを弄られ身体をのけ反らせた。強い快感が押し寄せる。

「あ、…そこ…あ、…ん…。」

微妙な強さでそこを中心に指は蠢く。

「あ……ふぅっ……あ……。」

いつの間にか指は3本に増えていて、バラバラに中を広げるように、鷹之を受け入れる準備が進んで行く。執拗なその動きにはしたなく蜜をこぼし、目からは涙が頬を伝う。

「も…っ…でちゃ…鷹之の…挿れ…て…。」

「そんな目で見るなって。優しく出来なくなるだろ。オレだって限界に近いんだぞ。」

そう言いながらも鷹之はなかなか挿れてくれない。鷹之が大丈夫だと判断するまで挿れてくれないのは一番最初の時にオレが痛がって泣いたからだ。それでも何とか一つになれたけど、次の日そこが腫れて熱を出した事を鷹之はずっと気にしてくれてた。それを思い出して今も同じ様に気遣ってくれる優しい男が愛しいと思う。

セフレだった時もそう言えば乱暴だったのは最初だけで後は優しく抱いてくれたのだ。

そんな鷹之が欲しくてたまらない。早く鷹之の欲望をオレの中で感じたかった。一つに繋がりたかった。

オレは鷹之を抱きよせ耳元で囁く。

「鷹之を感じたい。もう大丈夫だから挿れて。鷹之が欲しい。」

中に居る鷹之の指をきゅっと締め付ける。

「オレだって明日叶の中に入りたい。挿れるぞ。」

後ろを圧迫していた指がずるりと抜けていくと寂しさを感じて後孔がヒクヒクと蠢く。

ローションを鷹之の屹立したものに垂らし、後孔にも塗り込められる。そして入口に固い物が押し当てられぐいっと入口を押されて身体が強張った。いつもそう。最初は受け入れるのをためらうように身体が強張るのは仕方ない。そこは受け入れるところではないのだから。それでもそこで快感を得られる事を知ってる身体は貪欲だ。呼吸を浅くして入って来る衝撃に耐える準備をする。

オレの様子を見ながら鷹之はオレの中に入って来る。オレは浅い呼吸を繰り返して圧迫感をいなす。大きなえらの部分を飲み込むとズンっと奥まで突かれた。

「ああっ…。」

ランキングに参加しています。ポチッと押してくだされば嬉しいです。拍手とポチをいつもありがとうございます・:*(〃・ェ・〃人)*:・ 感謝です(ஐ╹◡╹)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [土曜の雨のジンクス82(R15)]へ
  • [土曜の雨のジンクス84(R18)]へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [土曜の雨のジンクス82(R15)]へ
  • [土曜の雨のジンクス84(R18)]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。