キミと空とネコと

キミと空とネコと32

 ←キミと空とネコと31 →キミと空とネコと33

「お疲れ様でした。」

みんなに挨拶をして別れ、自転車に乗ってスーパーへ行く。

「えと、卵にウインナーにミートボールを作って・・・。鶏肉と、餃子の皮と・・・。果物もいるけど、前の日の方がいいか・・・。好き嫌いないのかな双子ちゃんは。明日麗華さんに聞かなきゃ。」

かごいっぱいに食材を詰め込む。

もう一つのビニールの袋には100均で買った海苔などををカットするものや、かわいい爪楊枝にカップなどお弁当用のグッズが入っている。お弁当箱は明日麗華さんが持って来てくれる。
オレは将来子供を持つことはないだろうから、こんな経験は貴重だし楽しい。

食材を購入して家に帰ると、さっそく明日の下ごしらえをする。

餃子の種を作って冷蔵庫で寝かし、春巻きは揚げるだけにしておく。から揚げも下味を付けておかなくちゃ。ユウのおいしそうに食べる姿を浮かべながら作る。人のために作るのは久し振りだ。

餃子の種を作ってる時はコウキを思い出した。餃子はコウキの大好物で、何故か手作りじゃないと嫌だと言い、なら手伝えと具を包む時は二人で包んだ。料理なんてしたことのないコウキの包む餃子は不恰好だったり、破れてたり・・・。でも楽しそうに包むコウキとの二人で過ごす幸せな時間。コウキの餃子はオレが食べて、俺の餃子はコウキが食べた。思い出すと少し傷が疼いた。

こうやって、何か思い出しながら生きていくんだろうなと少し冷たいすきま風が通り抜けていく。

響夜もオレの作ったカレーを何杯もおいしそうに食べてた。その時の顔は嬉しそうで・・・。

オレが人に作った食べ物に関する思い出ってみんな嬉しそうに笑顔なんだよな。食べ物は笑顔を運んでくるのかな?

餃子からコウキを思い出して、響夜まで連想してしまうなんて。何で響夜まで思い出す?あんなデリカシーのない奴のことなんて、もう逢うこともないのに・・・。

「武蔵。オレなんで響夜の事を思い出したんだろ?通り過ぎた人なのに。もう逢う事もないのにな。なんて感傷に浸ってる間ないぞ。早くこれすましちゃわないと寝る時間がなくなっちゃうな。」

下ごしらえしてておなかがいっぱいになったのかコウキや響夜の事を思い出したからか食欲がなく、お茶漬けで夕食をすます。

片付けをしていたら携帯のメールの着信音が鳴る。

『明日、仕事終わるのが6時なんだけど、7時には帰ってる(*^_^*)何時に行ったらいい(´・ω・`)モキュ?』ユウからのメールに和む。

『7時半でどう?』

『OKヾ(。◕ฺ∀◕ฺ)ノ♫♬ 楽しみだぁ゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。』

『じゃ、明日7時半にオレの家な。おやすみ』

『了解ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ カイくんオヤスミ♪(●'∇')ノ・:*:・・:*:・・:*:・+☆』

ユウってどんだけ顔文字入れてるんだ?って笑ってしまう。

オレも明日が楽しみだ。

      ・

      ・
   
      ・

仕事が終わっても楽しみがあると仕事もはかどる。売り場はまだ完全に覚えきれてないけど倉庫の中はだいぶ覚えた。

「海人くん、〇〇出版の本ってどこだっけ?」

「3列めの棚のDの所です。」

「3列目・・・。あっ、あった。ありがとう。」

「いいえ。あってよかったです。」

「倉庫の事は海人くんにまかせても大丈夫だね。」

なんて言われると嬉しい。

相変わらず10時のお茶は麗華さんが居る限り一緒で、そのたびにキスされるかハグされるかなので、すっかり慣れて何とも思わなくなっていた、慣れって怖いもんだと思う。でも不思議と嫌ではなくて安心するんだな。麗華さんって不思議な人だ。

「海人くん。歓迎会はいつ出来そう?」

「えっと。今週はチョット・・・。来週なら大丈夫です。」

「じゃ、来週の週末にしましょ。店長は出勤だけど私も海人くんも休みだし。」

「店長に聞かなくてもいいんですか?」

「いいの、いいの。みんなが休みなんて事は無いに等しいんだから誰かが出勤になるんだもの。」

麗華さんが決めたなら何も言えない。

「来週の週末が楽しみだわ。ケータリングはどこにしようかしら。海人くんは好き嫌いある?」

「何でも食べますよ。あんまり油っぽいのは苦手ですけど・・・。」

「了解。じゃ、適当に頼んでおくわ。直接海人くんのマンションに持って行ってもらうわね。」

「わかりました。決まったら時間だけ教えておいて下さいね。」

「そうね。連絡するわ。ホントに週末が楽しみね。」

ハーブティを飲みながら呟く麗華さんにオレも頷いた。





(๑→‿ฺ←๑)♫ ♫♬♪♫ いつも読んで頂きましてありがとうございます(๑→‿ฺ←๑)♫ ♫♬♪♫
ランキングに参加しています。ぽちっとご協力お願いします*゜✲ฺ(✿◕ฺ ∀◕ฺ)ฺノ†゜*



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 貴方の腕の中で
総もくじ  3kaku_s_L.png キミと空とネコと
もくじ  3kaku_s_L.png S.S
もくじ  3kaku_s_L.png イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 頂きもの☆
もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
総もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組物語
  • [キミと空とネコと31]へ
  • [キミと空とネコと33]へ

~ Comment ~

 

こんにちは~

嫌なことも思い出してしまったけど‥
響夜くんのこと思い出した!?

それはいい傾向かも‥
傷ついたとしても生きていてよかったと思えることがあったなら
それは響夜くんがいたから‥
彼が救ってくれたから‥(/_;)

そう思える時が来るといいなぁ‥

死んだら生き返れないから‥生きててナンボです。
きっとああ、生きててよかったと海人くんは
思える子だと信じてますから。
再会して‥いい関係になるといいけど‥


黒龍の柩‥山南さんのところは読みました。
言葉が割と現代的なのですごく読みやすいのですが逆に
胸に迫って辛いですね。
下巻は‥スムーズには読めないかもしれません。
壬生義士伝のように嗚咽を漏らしながら
読むことになるかもしれませんね(笑)

では‥響夜くんと海人くんが幸せになりますように‥と、
願いながら‥また参ります。

Re: タイトルなし 

ハル様こんばんは☆

思い出すってことは辛い事もあるけど、今の海人は周りの人に恵まれているので、落ち着いて消化できつつあるようです。コウキのことも悪い想い出ばかりじゃないし、何より今まで出一番好きだった人なので、疼く想い出であっても辛いとまではいかないんです。生きているからこそ振り返られるし、新しい想い出が出来てくるんですよね。海人は今そんな想いでしあわせなんだと思います。まだ、生き残ってよかったんだとまでは思えてないようですが、日々生きていくので精一杯な海人です。


『黒龍』は上巻は終わって下巻を読んでます。でも、なんか土方さんは頭脳的で大人しいかなあって印象・・・。私的にはオラオラって鬼隊長の土方さんが好きかも。野獣的?な(゚m゚*)プッやっぱ『薄桜鬼』の土方さんがいいなぁ。私、アニメはGyaO!で全部見ました。マンガはアンソロジーがたくさん出てるけど、私的におもしろくはなかった。いろんな人の絵なので・・・。ゲームも何作も出てて、3/22には新しいゲームが出るんです。ゲームだけでも集めようと思ったら〇万円いるので悩んでます。新作だけ買おうかなぁ。『薄桜鬼』のアニメはおすすめです。マンガはʅ(。◔‸◔。)ʃ…さぁ?です。

では、またお邪魔しますね☸ヾ(。╹ω╹。)ノ☸
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [キミと空とネコと31]へ
  • [キミと空とネコと33]へ